出版社「WAVE出版」の書籍 通販

TOP>>出版社一覧>>WAVE出版

WAVE出版 公式ホームページ

WAVE出版
WAVE出版

WAVE出版 関連通販

WAVE出版 口コミ by Yahoo!知恵袋

Q.ショーンK 自己啓発本で「学歴でなく学習歴」勧めていた 2016年3月19日 10時26分 日刊ゲンダイ 自業自得とはよく言ったものである。経歴詐称でメーンキャスターに決まっていた新番組「ユアタイム~あなたの時間~」(フジテレビ系)の“自主降板”をはじめ、テレビやラジオの出演自粛を早々に発表した経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(47)。 テレビだけではなく本職のコンサルも開店休業状態を余儀なくされるのは必至だろうが、そんな中、過去に出版している著書にも注目が集まっている。多くの本が7~10年前に発売されたという希少性もあって、今回の騒動を機に中古価格は急騰。 08年発売の自己啓発本「『自分力』を鍛える 夢がなくても成功できる」(あさ出版、1300円+税)はAmazonで一時、定価の10倍近くの1万3000円まで跳ね上がる“お祭り”騒ぎになった。 気になる中身だが――。「成功前夜 21の起業ストーリー」(05年、ソフトバンクパブリッシング)は、2000年の放送開始からナビゲーターを務めていたJ―WAVEのビジネス情報番組「MAKE IT 21」の内容をまとめたもの。同書には番組開始の半年ほど前、小さなナレーションの仕事で知り合ったという番組プロデューサーに口説かれ、世間がデフレ不況で沈む中、〈何とか日本を盛り上げたい〉という思いで番組に参加したという心境に加え、そのPの〈うさん臭そうだけど、すごく頭の切れそうなヤツ(笑)〉といった川上氏の第一印象などもつづられている。 また、「プロフェッショナルの5条件 ビジネスを勝ち抜く法則」(09年、朝日新聞出版)には川上氏がリスナーの悩みに答えた同番組の内容の一部をQ&A方式で再録。MBA取得のため大学院の受験を控えたリスナーには、〈MBAで学ぶ理論やフレームワークは“言語”でしかない〉〈キャリアをお惣菜のように、あっちもこっちもおいしそうと、試食したり、衝動買いしてしまう人が多いようですが、キャリアはあくまで食材です。(中略)キャリアという食材をどう料理するのか、考える必要がある〉とアドバイス。 就活を控えた学生による「学歴は必要か」という、今回の騒動の核心ともいえる問いには〈大事なのは「学歴」ではなく「学習歴」〉とし、これからの時代は〈座学ではなく実学〉とつづっている。 〈この愚著と相互作用し、至らない本書をご自身のものとして完成させてください。あなた自身で悩み、考え抜き、あなたならではの「自分力の鍛え方」を発見してください〉とは、前出の“自分力”本に記された言葉。いま、川上氏自身が大いに悩み考える事態に直面しているのは皮肉というべきか。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー バラエティー番組で共演した加藤浩次がショーンKに猛烈に噛み付いたのは、野獣の本能で胡散臭さを見抜いたからだよね?

A.ゲンダイを引用して、その質問?


Q.ショーンK氏の経歴って凄くないですか? http://www.djdj.co.jp/production/profile/seank.html ショーン・マクアードル川上(ショーンK) Sean McArdle Kawakami ブラッドストーン・マネジメント・イニシアティブ・リミテッド 代表取締役、マネジングパートナー 経営コンサルタント。専門は経営開発、事業再生。金融、製造業、ハイテク、情報通信、産業財、メディア、バイオなど大手から中小零細企業まで約680社(2014年現在)の日本企業、外資系企業の様々な事業領域における経営計画策定、事業再生、事業開発などの助言、実行支援業務に従事。 また地方自治体、各国政府・行政団体への主に産業活性化に関わる政策提言、さらにベンチャー育成・創業支援、ビジネス・リーダーの為のスキル開発トレーニングも行う。経営戦略研究会「MSB」主宰。その傍ら、報道・情報番組を中心にテレビ、ラジオのパーソナリティー、コメンテーターとしても活動。 2000年10月より放送中の81.3FM J-WAVE MakeIT21では15年間に渡って800名を超える(2015年10月現在)起業家、経営者、各界のプロフェッショナルとの対談を行う。 主な著書に「MBA講義生中継 経営戦略(TAC出版)」、「プロフェッショナルの5条件(朝日新聞 出版)」、「自分力を鍛える(あさ出版)」などがある。 <コンサルティング領域> ● 全社経営戦略策定、経営企画室機能強化支援 ● 企業・事業再生(ターンアラウンド) ● アライアンス設計、企業提携・買収合併、PMI(買収合併後統合支援) ● マーケット・エントリー、技術移転 ● 事業(新規事業)開発、ビジネスモデリング、FS、事業DD ● R&D、製品・技術開発、IPマネジメント ● 営業プログラム立案、実施支援 ● コミュニケーション戦略(プロモーション、ブランディング、IR) ● 組織改革・人材育成、コーポレート・ユニバシティー運営 ● プライベート・エクイティーファイナンス・ファンド組成、運用支援 ● 地方自治体、各国政府・行政団体アドバイザリー・サービス ● ビジネス・リーダー向けスキル開発トレーニング 直近の主な講演・セミナー目録(一部)> ● 2016年度版 世界・日本経済鳥瞰、時代の要請に見る最新「経営戦略のフロンティア」 ● 自分力を鍛える〜情報に流されない自分軸、自社軸の作り方 ● 消費者教育推進事業 消費者教育とは?(地方自治体) ● 2015年 世界・日本経済鳥瞰、時代の要請に見る最新「経営戦略のフロンティア」(大手金融機関) ● 地方創生「地方から変革をもたらすグローカル・イノベーション力とは?」(地方自治体) ● ダウ・ジョーンズ ウォール・ストリート・ジャーナル主催、Japan Future Leadership Program presents: The Student Debate Conference on Global Leadership ● 大手製薬企業、販売会社向け「メディカル・マーケティングの理論と実践」 ● 初等教育・受験学習塾ご父兄向け「グローバルに活躍する子育てへの提言 グローバル・スタンダードの学力とは?」 ● 鉄鋼メーカー「“経営者目線”人材育成プログラム、スキルポートフォリオと旗艦トレーニングのひな形」 ● 経営者セミナー「アベノミクス成長戦略の評価と、企業レバレッジ戦略」 ● 大手メディア(TV)「これからのメディア、クロスメディアマーケティングの実際とメディアの対応」 ● 国立大学TLO協議会「スタンフォード大学にみる産官学連携の実際と日本版エコシステム構築の実践」 ● 大手人材派遣「大手企業によるベンチャー育成プログラム、CVCコーポレート・ベンチャー・キャピタル実践の枠組み」 ●「M&A ポストマージャーインテグレーション(PMI 買収合併後統合)成功戦略」(政府系金融機関主催) ●「400人の経営者が語ったリーダーシップの要諦」(ダイヤモンド経営者倶楽部主催) ●「低成長時代の経営戦略とトップマネジメントの役割」(朝日新聞出版者主催) ●「経営企画室マネージャー養成」(経営者交流会) ●「マーケティングを科学する:マーケティングROI」(NTTデータ技術開発本部主催) ●「ストラテジー・エコノミクス(戦略の経済評価):事業価値評価、バリュエーション」(日本経済新聞社主催) ●「管理か放任か!?伸びる企業の要諦:Corporate Entrepreneurship」(ダイヤモンド・ビジョナリー主催) ●「リーダーシップ&フォロアーシップ・マネジメント Self Assembly(自律的秩序形成)型組織」の作り方(地方銀行主催) ● パネルディスカッション「激震経済」モデレーター(読売新聞出版社主催) ●「なんとかしなきゃプロジェクト 本当の企業の社会貢献とは?」(JICA国際協力機構主催) ●「日本の競争力再評価とグローバル戦略の実践:インフラ輸出、PFI事業の可能性」(大和証券グループ本社主催) ●「インド市場参入、事業拡大の成功要因分析」(経済産業省/インド商工会議所連合会 Federation of Indian Chambers of Commerce and Industry) ●「日本

A.凄いですねぇ~ 悪い意味でもね


Q.今時の夫婦は35年の住宅ローンを組む時、どうしますか? 世帯主だけが組みますか? それとも、夫婦で一緒に組みますか? もし離婚したら そのローンはどうなるんですか? 家賃より安いローンの返済額で マンションに住んでる人たちは このニュースをどう思う。 ↓ 35年ローンのリスクとメリット 月々返済額が家賃より安いのは当たり前 2014.03.09 (中略) 「家賃よりも負担が軽くなる」ローンは、たいてい35年返済。返し終わったときには、築35年のマンションが残っているだけ。築35年の物件がどういうものか、ぜひ現物を見ていただきたい。もちろん、建築技術がそれなりに進歩したが、基本はさほど変わっていない。 そもそも、35年返済は、かなり非現実的なシステムだ。35年間も安定的に収入を得られる人は、勤労者の何%いるのだろう。公務員と一部の大企業社員に限られるのではないか。 マンションには「利回り」という指標がある。購入価格に対して、賃貸運用した場合の年間収入割合を示すもの。新築分譲マンションは3%から4%くらいがひとつの基準。だいたいその時の市場金利よりもある程度高くなっていれば健全な状態で、そうでないと、不動産に投資する意味がなくなる。 この数字を基準に考えれば、35年の低利ローンを組んだ場合の月々返済額が、家賃より安くなるのは当たり前なのだ。むしろ、かなり安くないと、そのマンション自体が割高ということになる。 多くの人が「家賃より安くなるのなら」と、気軽な気分で35年ローンを組んでマンションを買う。実は35年のリスクと引き換えに、わずかな支出を節約しているだけかもしれない。 ■榊淳司(さかき・あつし) 住宅ジャーナリスト。1962年、京都府出身。 同志社大法学部および慶応大文学部卒。 不動産の広告・販売戦略立案の現場に20年以上携わる。 不動産会社の注意情報や物件の価格評価の分析に定評がある (www.sakakiatsushi.com)。 著書に「年収200万円からのマイホーム戦略」(WAVE出版)など。 夕刊フジ http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20140307/ecn1403071749007-n1.htm

A.不動産業者です。日本には所有権という権利があります。賃貸と売買ではそこが違う。10年でも35年でも支払いに対して物が残る『不動産が残る』のが売買です。国は建物の耐用年数を考えて35年もの長い期間住宅ローンを認めています。民間金融機関も35年融資の商品があります。昭和の時代は25年とか30年が上限でした。昭和と現在を同じに考えてはいけないかもしれませんが、35年という長い期間は貨幣価値が変わってしまうと思います。 総じてリスクとは考えない。 比較するのであれば、マンションと一戸建てです。 古くなったマンションや一戸建てはどうしましょか?一戸建てはご自身で解体ですね。 マンションは室内をフルリフォーム、その後解体しますか?何年後にしてもいずれ壊しますよね。 マンションの場合はご自身でと言う考えてではなく、区分所有権なので、4/5の賛成が必要です。 マンションにお住まいの方、ご検討中の方、この点に注意が必要。 すみません本題です。今の住宅ローンに対して政府の減税政策『住宅取得控除』の制度がありますので、 収入及び借入金のバランスで、購入先に聞いて見ましょう。恐らく夫婦別々の2本だて融資がいいと思いますよ。 夫婦ですから、離婚の事は考えずに。 家を買う。住宅ローンを組む。これ自体楽しい事で、夢がある。ご家族のステップアップです。 離婚の事は考えずに。2回いいます。 万が一の時 1人の収入でまかなえる範囲のローンを組む 2本だてだと持分になるので、1人のローンにする。 主様は女性ですか?私は男性なので、書いていて怖くなってきました。 ご参考に


Q.独身者でマイホームを買うヤツは賢いですか? それともアホですか? 変な記事がある。 夕刊フジ http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130707/ecn1307070737003-n1.htm 、 独身サラリーマンこそマイホームを買うべき 10年先を考えた購入テクニック 2013.07.07 連載:本当は教えたくないマンション業界の秘密 榊淳司 結婚して子供ができればマイホームを、という人は多い。しかし、都会は晩婚化、未婚化が進んでいる。大都市では20代で結婚する人の方が少なくなっている気がする。 拙著「磯野家のマイホーム戦略」(WAVE出版)で書いた話だが、20年後の日本は空き家だらけ。だから今、マイホーム購入を急ぐことはない。今後、年月を経るにしたがって住宅の価格も賃料もジワジワと下がっていくだろう。需要と供給の法則に従えば、それは間違いない。 そこで今回は、単身者にとって目先の10年を考えたマイホーム購入のテクニックを紹介する。想定は、社会人2、3年生あたり。 そういった若い独身サラリーマンはたいてい男女を問わず郊外にマンションを借りて住んでいる。 例えば東京の練馬あたりだと17平方メートルくらいのワンルームマンションの賃料は5万6000円くらい。入居時の諸費、更新料などを含めて、10年間の総費用はざっと721万円になる。 これを買った場合はどうなるのか。築20年程度なら同様のワンルームを700万円で買える。 自己資金は3割の210万円とし、仲介手数料や諸費用などを入れて初期投資は約260万円。入社2年目の社員には用意できないだろう。そこは親にでも泣きつくしかない。 490万円のローンは10年固定で年利2%と想定すると、月々の支払いは管理費を入れて約5万4500円になる。借りた場合の家賃とほぼ同じだ。10年間にかかる総費用は初期投資を入れて945万円。借りるより224万円も高くなる。 しかし、10年後はローンを払い終わるので、そのマンションは完全に自分のモノになっている。 10年後、結婚を機にそこを出るとする。売却する場合は約35%減の450万円と仮定すると、総費用は495万円になって、逆に借りるより226万円以上安く上がったことになる。 また、売るのではなく貸すとしよう。月々の支払額だった約5万4500円よりも3割以上安い管理費込みの4万円で貸したとしても、毎月約3万円の家賃収入を手にすることができる。年間約36万円。17年目からは借りたよりも総費用は安くなったことになり、それ以降は家賃分がすべてプラスになる。さらに物件の資産価値もプラス側に加えることができる。 もっとも

A.賢いのもアホのもいるんじゃないですか。 本人にとって結果オーライなら問題ないかと。


WAVE出版 関連情報

関連情報は、0件です。

出版社一覧

関連情報

Webサービス by Yahoo! JAPAN 楽天ウェブサービスセンター
2017/03/28 Tuesday 11:22:05