人気声優 「阿部敦」 公式ホームページについてのご案内

アニメポップ>>人気アニメ声優一覧>>阿部敦

人気声優「阿部敦」
に関する情報を紹介しています♪

阿部敦 公式ブログ

阿部敦
阿部敦
http://ameblo.jp/namakemono-company6522/

阿部敦 口コミ情報

Q.声優の阿部敦さんについての質問です。 阿部敦さんが出演しているアニメでオススメなアニメありますか?

A.だかしかし 会長はメイド様


Q.鈴村健一、日野聡、逢坂良太、櫻井孝宏、森久保祥太郎、杉山紀彰、遊佐浩二、石川界人、保志総一朗、浜添伸也、寺島拓篤、谷山紀章、宮野真守、諏訪部順一、鳥海浩輔、鈴木達央、小野大輔、浪川大輔、内田雄馬、内田 直哉、青山穣、下野紘、松岡禎丞、入野自由、近藤孝行、木村良平、山下大輝、中村悠一、蒼井翔太、前野智昭、杉田智和、家中宏、高木渉、阪口大助、河西健吾、田丸篤志、豊永利行、内山昂輝、福山潤、楠大典、乃村健次、浅利遼太、村田太志、入山玲於奈、緑川光、柿原徹也、宮本充、山谷祥生、大須賀純、近藤隆、山本和臣、粕谷雄太、福島潤、小林裕介、村瀬歩、細谷佳正、安元洋貴、小野賢章、野島健児、野島裕史、羽多野渉、高橋英則、井口祐一、宮下栄治、津田健次郎、浜田賢二、泰勇気、増田俊樹、濱健人、興津和幸、新垣樽助、櫻井トオル、古川慎、市来光弘、山中真尋、鈴木雄斗、榎木淳弥、赤羽根健治、島崎信長、間島淳司、代永翼、河本佳祐、平川大輔、津田健次郎、宮田幸季、細谷佳正、相楽信頼、西山宏太朗、野島健児、浅沼晋太郎、稲田徹、草尾毅、山寺宏一、阿部敦、岡本信彦、勝杏里、花江夏樹、江口拓也、山下誠一郎、高橋幸治、榎木淳弥、斉藤壮馬、佐藤拓也、梅原裕一郎、小野友樹、田中正彦、速水奨、石田彰、西田雅一、各務立基、福田健二、千葉一伸 ここ最近のアニメの主人公になった声優さんはこの中以外にいますか?

A.逢坂良太さん 山下大輝さん トリックスター江戸川乱歩「少年探偵団」より というアニメで主役を演じています


Q.好きな声優誰?男編 第二弾!! 候補?? 鈴村健一、日野聡、逢坂良太、櫻井孝宏、森久保祥太郎、杉山紀彰、遊佐浩二、石川界人、保志総一朗、浜添伸也、寺島拓篤、谷山紀章、宮野真守、諏訪部順一、鳥海浩輔、鈴木達央、小野大輔、浪川大輔、内田雄馬、下野紘、松岡禎丞、入野自由、近藤孝行、木村良平、山下大輝、中村悠一、蒼井翔太、前野智昭、杉田智和、阪口大助、河西健吾、田丸篤志、豊永利行、内山昂輝、福山潤、浅利遼太、村田太志、入山玲於奈、緑川光、柿原徹也、山谷祥生、大須賀純、近藤隆、山本和臣、粕谷雄太、福島潤、小林裕介、村瀬歩、細谷佳正、安元洋貴、小野賢章、野島健児、羽多野渉、高橋英則、井口祐一、宮下栄治、津田健次郎、浜田賢二、泰勇気、増田俊樹、濱健人、興津和幸、新垣樽助、櫻井トオル、古川慎、市来光弘、山中真尋、鈴木雄斗、榎木淳弥、赤羽根健治、島崎信長、間島淳司、代永翼、平川大輔、津田健次郎、宮田幸季、細谷佳正、相楽信頼、西山宏太朗、野島健児、浅沼晋太郎、稲田徹、草尾毅、山寺宏一、阿部敦、岡本信彦、勝杏里、花江夏樹、江口拓也、山下誠一郎、高橋幸治、榎木淳弥、斉藤壮馬、佐藤拓也

A.1人ですか? 1人だけなら櫻井孝宏さん。 複数なら杉田智和さんもです!


Q.文学と人生を結びつける読み方について いつも大変お世話になっております。本日もよろしくお願いいたします。 文学を人生と結びつける読み方を続けてきて、大雑把ですが、以下のような考 えができつつあります。 この考え方はおそらく現代人的かもしれません。ですので、以下の考えついて、ご指摘、アドヴァイスを頂けると幸いです。 『浪漫主義文学を読んで、理想的な人間に憧れを持ち、そうなるようさらに努力する。自然主義文学を読んで、弱い人間を鏡として我が身を振り返る。どちらにしても共通していることは、真の芸術作品(名著)とは、自然良い感化を人に与えるものであり、真面目に目の前の役目を果たしつつ、そういうものを変わらず読み続けていくことにより、この考え方がさらに変化したりより確信に近づいたりしていくだろう。全ては、今の自己中心的で、駄目駄目な自分を少しでも良くしていくために!』 というものです。抽象的ですので、具体例を挙げます。 例えば、中島敦の『山月記』 この作品は折に触れて何度も読んできましたが、読むたびに主人公の李徴を他人事として見ることができず「自分の事」だと思って読みます。プライドが高く、臆病で、人から遠ざかることで保たれる彼の自尊心はどんどん肥大化していき、ついに発狂して獣となってしまった。自分の事を言われているように思い、チクリとします。そして最後に「じゃあ、どうすればいいのか?」と振りかえります。 あるいは、 サマセット・モームの『赤毛』 自分の思い通りにならない現実から目を背け、自分の思い通りになる幻想や空想の世界に逃げ込んだ人間が、最後の最後で現実の壁にぶち当たり無残に人生を終えていく。現実を受け入れることのできない人間の末路は、まさしく悲劇だと感じ、これも「この作品では、現実を受け入れることができていない自分のことを言われている」「じゃあ、どうすればよかったのか」と振りかえります。 あるいは、トルストイの『戦争と平和』色んなテーマがある中、戦争の大きな渦の中で深く悩み葛藤する青年たちが、葛藤を抱えつつも、確実に自分以外のものを大事にする価値観へと変わっていく部分に特に関心を抱き、そこから何かを汲み取ろうという姿勢で読み続けます。自分も一緒に葛藤しつつ「じゃあ、どうすればいいのか」と考える。 森鴎外の『山椒大夫』『護持院原の敵討』『阿部一族』『堺事件』などの歴史物語や、山本周五郎の作品などは、最初から最後まで背筋が正される思いになります。こういう作品には「じゃあどうすればいいのか?」のヒントが詰まっていると感じます。 具体例が長くなりました。 上記の姿勢について、ご指摘をください。どうぞよろしくお願いいたします。

A.最後の一文以外は全部いいよ(笑)。 文学は、ダメダメな自分を変えるためのものではない、ということだな。 もちろん現代社会ではそういうことも含めてのことだけど、本質的には「人間として生きていくために不可欠なもの」ということだな。 文学から感化を受けることはもちろん多い。しかしもっと言えば、文学から人間として世界に立ち向かうための思考を得ていくことにあるわけ。 この世界は自分の思い通りにはならない。だからこそ、自分が人間としてどうするべきなのかを常に考え続けなければならないんだよ。 その思考は必ず重層構造にならなければ、立ち向かうことは出来ないわけ。それは世界というものが、恐ろしく深いからだ。 到底人間には認識不能なほどに世界は深い。だから人間はどこまでも苦しんでいくはずのものなんだよな。 それが人生というものなんだよ。 苦しむ前提で生きなければ、人生にはならない。人間という卑小な存在のままで行かなければならない運命にあるんだよな。 動物は環境に依存している。それでいいんだよ。だけど人間はほんのちょっと頭を出して、環境に依存しないで生きる道を見出した。 だから苦しいんだよな。受け入れなければならない運命でありながら、その中で運命に反して行こうとするから。 死を見つめる必要性というのは、ここにあるわけ。 死を受け入れなければ、到底人生の深い苦悩を乗り越えることは出来ないし、この世界で何かを成し遂げることも本当は出来ないんだよ。 で、死を見つめるためには、「自分だけの人生」というものを抱かなければならないんだよな。私がよく言う「今、ここに」というものを受け入れるということだ。 「自分だけの人生」だから、他人と比較は出来ないものなんだよ。自分だけの考え、人生というものを抱くことが必要なんだよな。 レミ・ド・グールモンは 「思想の偉大さは、極端論の中にのみ存する」 と言っている。これが非常に重要なんだよ。 だから答えを求める読書なんてものは、意味がないわけ。文学を読んで「これはこういうことを言っている」なんてことが、自分独自の自分だけのものにならなければいけないんだよな。 本当にそう思えるのは、自分だけの人生と結びつけた場合だけなんだよ。 学校教育的な、普遍的な正解があるとは思わないことよな。